面白ければそれでいい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも。「暑さ寒さも彼岸まで」などと申しまして、最近気温が下って肌寒ささえ覚えておりますが。
さて、今回もフューラーについてチョイチョイ。

P1060393.jpg
素体の仮組みは終えまして、ゲートや目立つヒケなんかの処理に入ってます。
現状はといいますと、頭部~首、手足まで終わりました。前回から10日も経ってるのに・・・。
あ、HMMは(というかコトブキヤのキットは)パーツも細かいので、画像のようにケースに入れておくと良いかも。

このフューラーはゲート痕が目立たない場所に配置されていたり、挟み込みが多いものの、
合わせ目も気にならないように工夫されているので、ゲートに限って言えば処理する部分は意外に少ないです。
ボリュームある割に組みやすくて良いキットですね。


P1060394.jpg
さて、次は尻尾かー。頑張るぞー!
スポンサーサイト
9月だというのにまだまだ厳しい残暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は目下製作中のHMMバーサークフューラーの3回目。
僕よりも遥かに腕の確かなモデラーさん達が作ってると思うんで、この記事は需要がないのでしょうけど。
まぁ僕の備忘録というかそんな感じで。
P1060390.jpg
取り敢えず素体が完成しました。
このプロポーションの方がアニメに近いんでしょうけど、ずんぐりとしたトミー版のイメージがあるせいか、
何となく細すぎるように思えたり。
とはいえ、それはHMM全般に言えるのではないかなと。トミー版は歩行ギミックがあるのでね。

ちなみに現在は表面処理・・・というほどではないですが、ゲート痕の処理に入ってます。
素体はメタリックにしたいので、ヤスリスティックを駆使して600番~1200番まででなるべく傷が目立たないように。
一部切り出す時にえぐってしまったパーツもあるので、そこはパテで修正かなと。

以上、フューラーの進捗状況でした。
どうも。チマチマとフューラーを進めております。

今の段階では、頭部~尻尾が完成しまして、そこに腕部を取り付けた状態まで来ました。
P1060385.jpg
[バーサークフューラー製作記 2]の続きを読む
ボンジュール。どうも、忘れた頃にやってくる赤帽子です。
えっ、来なくていい?(´;ω;`)

さて、先月コトブキヤHMMシリーズで発売されましたバーサークフューラー。
買おうかどうしようか迷って結局買わないことにし、しかし気付けば手元にあったのでこれを作ってまいります。
このブログでは以前HMMをちょっとネタにしましたね。ジェノザウラーから始まって、ガンスナイパーやら
ライトニングサイクスやら。
ダークホーン製作記なんて止まっちゃってますが、取り敢えず形にはなっているのですよ。
あとは仮組みが終わったライガーゼロシュナイダーと、途中まで組んだコマンドウルフ、
未組み立てのパンツァーユニットがあったり・・・。
相変わらず移り気で困りますが、ともあれフューラーはちょっと真面目に作っていければなと思います。
P1060379.jpg
[バーサークフューラー製作記 1]の続きを読む