面白ければそれでいい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも。個人的にゾイドアニメはゼロまでが好きでした。
さて、ゾイドもちょっとばかり取り上げていた当ブログですが、ブロックスやらHMMだけだったんで、
たまには動く(ギミック的な意味で)ゾイドを紹介しようかなと。
というワケで、お気に入りの1つなレッドホーンを紹介します。
2/19 オプションパーツの画像を追加しました
P1000594.jpg


P1000596.jpg
全身像。
モチーフはスティラコサウルス。
この重厚なシルエットとてんこ盛りの火器がたまらないぜ。


P1000599.jpg
武装・装備一覧。
頭部は鼻先の角・クラッシャーホーン、顎の下の高圧濃硫酸噴射砲、襟巻き(?)の全天候3Dレーダーアンテナ。
しかしこの顔・・・いかにも帝国ゾイドっぽくて良いなァ。
あ、僕の中では帝国といったらガイロス帝国ですよ。なんせアニメから入ったもんですから。
余談ですが、ガイロス帝国のレッドホーンはダークホーンを赤く塗り替えたそうですね。


P1000600.jpg
背部武装。
左側は80mm地対空2連装ビーム砲、右側が対ゾイド3連装リニアキャノン、その上部は地対地ミサイルポッド。
2連装ビーム砲は歩行時に連動して基部から回転します。
リニアキャノンは手動で上下左右に可動。


P1000601.jpg
後肢にTEZ20mmリニアレーザーガン、尾部先端にAEZ20mmビームガンが、それぞれ装備されています。

このように火器がてんこ盛りな本機は、『動く要塞』と呼ばれておりました。
しかし重装備・重装甲でありながら、重量はシールドライガーと2トンしか違わないというから驚き。

レッドホーン:94トン
シールドライガー:92トン

この設定は妄想戦記でも触れられておりました。


P1000602.jpg
そして尾部のパイロットは剥き出し(!)
罰ゲーム席などと呼ばれているようですが、そんなレベルではありません。
乱戦になったらエライ事だ。


P1000603.jpg
P1000605.jpg
コクピットはお馴染みの頭部と背部にもあります。
頭部が機体自体の操縦、背部が砲手という事でOK?
ちなみに背部コクピットは分離・飛行が可能だそうで。という事は、万が一機体が撃破されたら助かるのは砲手だけ?
帝国軍の最前線では、誰が砲手になるかで揉めた事でしょう。


P1000606.jpg
ミクロと並べるとこのくらい。
撮影の都合上、カボチャはバージョンアップ前。


P1000607.jpg
実はこんなのも持ってます。
一緒に撮影しようと思ったんですが、細かいパーツの取り付け方を忘れちゃいまして(爆)
後で調べておきます。
2/19 調べました。画像追加致します。


P1000628.jpg
はい、こちらがガトリング砲&ビームキャノンを追加した状態。
レッドホーンGC(ガトリングカスタム)などとも呼ばれております。
アニメにも時折登場しましたね。ダークホーンはこの状態がデフォっぽいですが。


P1000629.jpg
P1000633.jpg
火器がてんこ盛りな上に更に追加して特盛りに。
こんなん撃たれたらかなわん。


P1000631.jpg
パイプスプリングが繋がっているため制限はされますが、仰角&左右旋回が可能。
ガトリングの砲身は歩かせるとすげー微妙な回転を見せてくれます。
ちなみにうちのは1度破損したのを修復してますが、ビームキャノンの接続部にクラックが入っていてユルユル(涙)


さて、如何でしたでしょうか。
このレッドホーン、当然というか何というか、当時モノではなく再販分。
しかしゾイド初期のモノでありながら現在のゾイドと比べても遜色なく、傑作と謳われているのも頷けます。
あのマッドサンダーも、元はこの機体から開発されたそうです。
レッドホーン→グリーンホーン→マッドサンダー(妄想戦記の設定)

とはいえ、同じくレッドホーンのバリエーションであるダークホーンは、設定上2機でマッドサンダーを撃破可能だったと
言われていますので、なんとも皮肉めいたものを感じますが。

ちなみに現在のシリーズであるリバースセンチュリーでは、一部仕様を変更したクリムゾンホーンが
発売されています。
僕も欲しいんですが、なんせ高くて・・・(苦笑)

クリムゾンホーンはtagoalさんが詳細な記事を上げておられますので、そちらをご覧下さい。
また、レッドホーンもいいんちょ@さんが詳細な紹介をされておりますので、併せてどうぞ。

しかし今回は大変でしたよ。
押入れを開けて、ユニクロンとメガロコンボイと超合金強攻型アクエリオンの箱を引っ張り出してから
レッドホーンの箱を引っ張ったんですから。
ま、そんな感じでレッドホーンでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
紹介ありがとうございますm(__)m
しかしレッドホーンはよいですよねぇ。
まさに往年の名機というか。
この重厚感がたまりません(*´Д`)=3
旧暗黒軍時代のダークホーンはものすごいドーピング機でしたから、
まぁあのあたりはノーカウントとしたいところです(;´∀`)
ウルトラザウルスの尻尾つかんでぶん投げるデッド・ボーダーが居たりしますし・・・w
クリムゾンホーンは量販店で買うと多少安くなるのでそちらで。
元が高いのであんまり安くならないんですけどねorz
2009/02/18(水) 06:10 | URL | tagoal #OARS9n6I[ 編集]
ウチの記事まで紹介していただきありがとうございます。

レッドホーンは本当に名機ですよねぇ。私も大好きです。
これが帝国軍初の大型ゾイドキットなんだから
この頃のデザイナーは神がかってます。

子供を主役にしたりしないで、ハードな戦記物アニメでもやれば
またゾイドも売れる気がするんだけどなぁ。

ビームガトリングは背中の3連装リニアキャノンを外して取り付けます。
外したリニア砲はビーガトの右側面へ。
2009/02/18(水) 21:53 | URL | いいんちょ@ #SHLDkvn6[ 編集]
パイロットが3人も必要なんですね!
絶対尾部のパイロットにはなりたくないですね

ゾイドはよく知らないんですが、単体でも十分に面白そうですし、ミクロマンと一緒に遊べそうで中々楽しそうですね、今度試しに一個買ってみようかな?
何かお勧め的な物あったら教えてください。
2009/02/18(水) 23:05 | URL | rudy #-[ 編集]
>ものすごいドーピング機でしたから

サラッと調べてみましたが、どうもそうらしいですねぇ(笑)
なんかゾイドってシリーズが終りに近付く度にトンデモ機体を出してる気がします。
というか、トンデモ機体を出したお陰でシリーズが終わる、というパターンを
繰り返してるような・・・?

>クリムゾンホーン

レビュー拝見して、凄い欲しくなったんですが、お金がー! 置き場所がー!
来月は出費がかさむんで、貯金しないとです(涙)
でも安いトコ見付けたら狙いますよ。
さて、まず部屋を片付けるか(爆)
2009/02/19(木) 23:13 | URL | 赤帽子 #hxjklqKc[ 編集]
>この頃のデザイナーは神がかってます

今でも充分に通用するデザインである辺り、デザイナーさんの才能は凄いですよね。
というより、最近のよりこちらの方が好きなんですが(苦笑)

>ビームガトリング

情報ありがとうございます。
その後アレコレ検索して、組み付け方法を思い出しました。
画像も追加しましたよ!
2009/02/19(木) 23:19 | URL | 赤帽子 #hxjklqKc[ 編集]
>絶対尾部のパイロットにはなりたくないですね

ここは嫌ですねぇ。
乱戦になってゴジュラス辺りに尻尾を踏まれたら・・・。
やっぱ罰ゲームどころじゃないですな。

>何かお勧め的な物あったら教えてください

ブロックス辺りは組み替え自由ですし、割と安価ですのでおススメ出来ます。
カメレオンさんもミクロのパーツに使っておられましたよ。
ただ、一部を除いて歩行ギミック等はありません。
プロポーション重視であれば、コトブキヤからHMMシリーズというプラキットが
発売されていますが、あちらはアレンジされたデザインが好みを二分しますし、
値段も高いので、あまりおススメはしません。

何だかあまり参考になってなくて申し訳ありませんが、
お気に入りの一品が見付かるよう願っております。
2009/02/19(木) 23:27 | URL | 赤帽子 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://abandonment5952.blog77.fc2.com/tb.php/395-c24fc60d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック