面白ければそれでいい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも。今回はチョイと趣向を変えまして、ディズニージャパンの短編アニメ『ファイアボール』に登場した
ドロッセルお嬢様を紹介します。

や、実はお嬢様が初figmaじゃないんですが、ミクは弄るの怖くて記事作ってません(爆)
記事作れって言われてもやらないよーだ(こら)
ちなみに、生存者さんが既にお嬢様の記事を上げておられます。
P1010611.jpg
ウラノス国テンペスト領を統治する19代目当主。
フルネームは『ドロッセル・ジュノー・フィアツェーンテス・ハイツレギスタ・フュルスティン・フォン・フリューゲル』で、
フリューゲル女公爵ハイツレギスタ社製ジュノー14型という意味なんだそうです。
設定年齢14歳で、体重はりんご179個分だとか。


P1010627.jpg
パッケージ内の台紙。
劇中で毎回登場する、テンペストの塔のイラスト。


P1010612.jpg
全身像。
劇中のデザインを上手く立体化出来てると思いますね。
お美しい(byシシカバブゲデヒトニス)

いやしかし、撮影してる時点ではどうなるかヒヤヒヤしましたが、まずまずな感じで白が出ましたね。


P1010613.jpg
バストアップ。
2つしか触ったこと無いですが、figmaって全体的に上手く出来てるんだと思いますね。
目の色もちゃんと再現されてます。これで電飾ギミック付きだったらなァ。
ま、ねんどろでは電飾アリだそうですが。


P1010614.jpg
ツインテールの文字もしっかり再現されてます。『JUNO』って書いてあるんですよねコレ。


P1010616.jpg
ドロッセル「人類との共存は無理だ」(第7話より)

というワケで付属品にまいりましょう。ハンドパーツとスタンドは割愛(おい)
まずは書物型記憶装置『プロスペロ』
劇中では主に執事のパッキャマラドゲデヒトニスが持っていました。
今は亡き父・ヴィントシュトレ卿が遺した書物。
残念ながら閉じた状態が付属しないので、『ぶっちゃけおっけてぃんぐ~』のシーンは再現出来ません。


P1010617.jpg
おしゃれユニットこと飛行ユニット・オブルチェフ(第3話に登場)
使用方法は図解入りでプロスペロに記されています。
このエピソードは日本語の曖昧さを逆手にとったジョーク。


P1010618.jpg
後ろから。
花柄も綺麗にプリントされていて、お美しい。


P1010619.jpg
パーツ差し替えで起動状態に。
何気にフラップのような部分までしっかり作られてます。


P1010620.jpg
お飛びあそばしました。


P1010621.jpg
格闘ユニット・ベリンダ(第11話に登場)
劇中ではカポエイラ空手の練習をする時に使用してました。

ちなみにもう1つ、グリニッジっつー祈祷ユニットがあるんですが、こちらは劇中未登場。
で、figmaには付属せず。


P1010622.jpg
学んでいる護身術はカポエイラではなく空手らしいです。


P1010623.jpg
ゲデヒトニス(代役:ランページ)「お嬢様。その構え、カポエイラ――」

ドロッセル「空手よ」


P1010624.jpg
おーい


P1010625.jpg
ここには


P1010626.jpg
誰もいないよ


さて、如何でしたでしょうか。
なんでも店頭からは速攻で姿を消したとか。うん、予約しとくって大事よね。

レビュー記事は各所で既に上がっておりますが、非常に出来が良いですね。
劇中の特徴を上手く捉えているのかなと。
ただ、仕様なのかなんなのか、股関節がユルめになっています。
もしかして、劇中の腰の入ったポーズを取り易くするためかな、とか思ったり思わなかったり。
うーん、でもfigmaはやっぱり扱うのがちょっと怖いかもです。
お嬢様も肩が破損したって話を聞きますし。

それと、後で知ったんですがファイアボールのキャラデザって福地仁氏だったんですね。
ガンダム00でユニオン・AEU系のメカデザインをされてた方です。他にも色々なメカ多数。
wa04-1.jpg
↑のメカと同じ人がデザインしたんだよって言ったら信じます?
ホントなんだなコレがまた。

以上、ドロッセルお嬢様でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
口を挟まないで!
ようつべで見ました、おもしろかったですよ~。
ただ、これディズニーなんですよね・・・アップしていいのか?
2009/07/05(日) 14:11 | URL | キュウ #-[ 編集]
こいつぁいい出来ですよね・・
ホント、予約って大事よねって思いましたw
もう1個は欲しい!

これほど劇中再限度の高い可動フィギュアが普通に手に入るとは・・いい時代になったものですw

股関節やっぱゆるいですか!うーん・・ジョイント太らせるのは・・なんか怖いなぁ・・w
肩破損もデモリッシャーのキャタピラ並みに怖い次第であります・・


まぁ今のところはカッコかわいいお嬢様を十分堪能できるので良しとしますwぶっちゃけおっけてぃんぐですw
2009/07/05(日) 18:07 | URL | 生存者 #/02qLiNA[ 編集]
うちのお嬢様は物の見事に肩が捻じ切れまして、届いて僅か数分で里帰りが確定しました; 戻ってきてからも肩の部分が硬いのは変わらないので動かす時は慎重になっちゃいますね。福地仁氏はビンテージも真っ先に操兵が思い浮かびますw
2009/07/05(日) 19:34 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]
スペシャルで! 2000回で! 模擬戦なんだよぉ~!
と、口を挟んでしまいました。スイマセン。

>おもしろかったですよ~

ね、面白かったでしょ?(おいおい)
僕も初めは『えーディズニー?』と敬遠気味だったんですが、
実際に観たらあまりのシュールさにハマりました(笑)

>アップしていいのか?

いいんじゃないですか?
作品に勢い付いちゃいましたし、今更何を(以下自粛)
ともあれ、人気も出て玩具も出たからにはこうなっちゃいますよきっと。
2009/07/05(日) 22:58 | URL | 赤帽子 #hxjklqKc[ 編集]
>こいつぁいい出来ですよね

ホントですね。
まさかここまで劇中再現度が高いとは!
figmaってかなり水準高いですよね。
実はfigmaゴルゴも購入予定なので、そちらも楽しみです。

>股関節やっぱゆるいですか!

なんか各所で言われてますよね。
そうなると、最早仕様なのではないかと思ってしまいますが。
やっぱ腰を動かす関係でしょうかねェ。
2009/07/05(日) 23:08 | URL | 赤帽子 #hxjklqKc[ 編集]
>届いて僅か数分で里帰りが確定しました

あらら、いきなりの破損でありますか。
開封してすぐ破損とか、ホント泣けてきますよね・・・。
僕も何度泣きを見た事か・・・。
でもグッスマさんは対応良かったんで、以前やったときは助かりました(苦笑)

>動かす時は慎重になっちゃいますね

もう固まってると分かると、少しずつコキコキ動かすしかないんですよね。
僕の場合、それで壊しちゃうんですが(爆死)

>真っ先に操兵が思い浮かびます

聖刻シリーズって元はTRPGですからね。
TRPGにお詳しいビンテージさんならお分かり頂けると思いました(ニヤリ)
2009/07/05(日) 23:13 | URL | 赤帽子 #hxjklqKc[ 編集]
玩具レビューを見ているうちに欲しくなってしまった私は
再販を待つことしか出来ませんw。
それにしても良いデザインだなあと思います。

リンク変更ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
2009/07/06(月) 00:42 | URL | maruo #no8j9Kzg[ 編集]
>再販を待つことしか出来ません

あ、なんか再販あると聞いたのですが。
出来も非常に良いので、入手される機会がありましたら是非!

>リンク変更ありがとうございました

いえいえどういたしまして。
何故か変更の後の反映が遅くて、上手く行かないのかと焦りましたが、
無事に成功してホッとしました(笑)
こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。
2009/07/06(月) 23:42 | URL | 赤帽子 #hxjklqKc[ 編集]
おっ。げっとされたんですねぇ。
僕のはどうも。。。足の塗装がムラムラなんですよねぇ。垂れてる。しかも箱の背景、一部角が折り曲がってたし。ちょっとがっくし。そのほかではステキなのですが。
2009/07/13(月) 03:05 | URL | ゼントラン #6fbJpHF2[ 編集]
>足の塗装がムラムラなんですよねぇ

あらら、ムラムラでしたか・・・。
お嬢様、玩具系サイトを回ってみると塗装に難があるのがたまにあるようですね。
ウチは幸いにしてそうでもありませんでしたが、背景はちょっと曲がってました(苦笑)

でも他は良いんですよね。
おしゃれユニットのプリントとか凄い綺麗です。
あー、ウィンターパッケージが楽しみだ!(え?)
2009/07/13(月) 23:46 | URL | 赤帽子 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://abandonment5952.blog77.fc2.com/tb.php/452-ef814a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック