面白ければそれでいい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも。新たなレンズ入手を目論んでる赤帽子です。カネ無いけどな!(爆死)

さて、今回はアクションワークスからチャンプことゲルトを紹介します。
にしてもアクションワークスって影薄い気がする。サイズ変わった直後のブラスレは尚更・・・。
P1030622.jpg


P1030608.jpg
タイプXXXVII(37):フェニックス
ゲルト・フレンツェンが適合したタイプ。所属していたチーム名と同じ名を冠する。顔を覆うようなバイザーに沿った内側へ
向かう双角を有する。高い跳躍力を見せ、旋風や手足の刃を操り、背中の翼に似た武器をブーメラン、二刀、鎖鎌などに
変えて戦った。
*wikiより

全身像。
手足が長くて頭が小さいヒーロー体型ですな。
画像だと分かりづらいですが、白い部分はパール風になってます。
手足のグラデーションも良い感じ。


P1030609.jpg
顔アップ。
バイザーはクリア仕様ですが、やや色が濃いため素顔は見えません。
劇中だと目が光って見えるんですけどね。

ちなみにバイザーは取り外し可能ですが、実は製品はバイザーがズレて取り付けられておりまして。
なるべく正しい位置にしようと頑張った結果、外せなくなりました(滝汗)
とりあえずはそれなりに正しい位置になりました。でも顔そのものが微妙に歪んでるんだよなァ・・・。


P1030611.jpg
背部の棒は武器です。未使用時は白いまま。
この取り付け部の破損がまた怖いの何の。
動かす時に下手に触って力が加わるとポキッと逝きます。行きますじゃなく粋ますでもなく逝きます。

うちのチャンプも1度破損してしまいまして。
細いので接着しただけでは強度を得られないため、真鍮線で軸打ちしてやりました。
正直それでもちょっと怖いです。


P1030612.jpg
使用時には発光してブーメランに。
劇中ではこのブーメランは両手に持ってるシーンが多いです。
ところが、こちらは接続するためのジョイントが1つしか付属しないため、両手持ちを再現出来ません。
詰めが甘いぞメガハウスー! 1個くらいケチらなくても(ブツブツ)


P1030614.jpg
チェーンに交換してヌンチャク。
何か妙にチェーンが長いんですが。半分くらいの長さでもよかったかもです。


P1030615.jpg
ゲルトといえば足ブレード。
向きが異なるモノが2種付属します。
劇中ではこのブレードを出して蹴り技を繰り出していました。


P1030616.jpg
P1030619.jpg
P1030620.jpg
というワケでキックアクションのつもり。
ゲルトは足技が多い印象がありますな。

ところでゲルトに限らずブラスレはアクションも凄いカッコイイんスよ。
仮面ライダーで板野サーカスやったらこんな感じだな、ってモンで。
詳しくはこの動画をご覧頂ければと。


P1030623.jpg
さて、如何でしたでしょうか。
劇中では前半の主人公と言っても過言ではないほどの活躍を見せてましたが、最後はブラスレイター化した事による
幻覚との戦いに限界を感じ、自らジョセフに討たれました。
登場時期はストーリー前半ですが、最終回では意外な復活を果たします。
もうとにかくカッコイイの一言に尽きる人ですよ。

玩具としては・・・正直微妙かもです。
造型はなかなか良いんですが、強度面でちょっと・・・。
先に述べた武器のジョイント部もそうですが、他にも不安な箇所がチラホラ。
遊ぶのに気を使わなきゃいけないアクションフィギュアってどうなんでしょ。

ところでこのゲルト、実は去年再販する予定だったんです。
僕も予約してまして、両手ブーメランをやりたいがために、今回紹介した方をオクで落としといたんですよ。
そしたらなんと再販中止のお知らせが。何でじゃメガハウスーッ!!
バイザーの歪みも修正されてたっぽいので楽しみにしてたのにー!

しかもヘルマンの後に予定されていたザーギンも発売中止。敵ボス出さんでどうすんじゃー!
もうウォルフやアルやスノウ出せとか無理言わないから、せめてザーギンくらい・・・。
でなきゃせめてゲルト再販くらい・・・。

でも売れなきゃ意味無いんだろうな、企業としては。

最後ちょっと愚痴っぽくなっちゃいましたね。
以上、ゲルトでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://abandonment5952.blog77.fc2.com/tb.php/566-63efd2cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック