面白ければそれでいい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも。スーパーカスタムザクコンペ受付中です。参加者は現在僕を含めて2名!(爆)
協賛してやっても良いぞという方は是非ご参加下さいまし。
条件はスーパーカスタムザクのキットをメインに使用している事。僅かなパーツのみの使用は不可とさせて
頂きます。
それさえ守っていただければ、どう塗装しようが改造しようが自由です。

とまぁ、誰も来ないであろう宣伝は置いときまして。
僕が組んでいたザクも、やっとこさスミ入れ&仕上げまでが終了しました。
P1040811.jpg
『たっつん』ことタツ・シマノがHGUCザクF2をベースに製作したガンプラ。
ザク本体以外はほぼプラ板とパテの塊である。

性能はザクの1000倍(未測定)
また、世界中のあらゆる武術、戦術、戦闘パターンがインプットされていて、開発には祈祷師や呪術師が参加したとか。
でもって、製造コストが高すぎるために試作機が1機だけ作られ、その試作機もあまりに強すぎるために
アクシズに封印されたんだそうです。

ちなみにコレはビギニングGにおける公式設定です。
たっつんはガンプラを愛する余りこんな設定まで考えたんだそうで。
まったくなんて厨二設定だろう。いいぞもっとやれ。


P1040812.jpg
全身像。
如何にも現代版フルアーマーザクといった風ですね。
ちなみにデザインはフルメタや00でお馴染み海老川氏。

以前の記事でも触れてますが、紫の部分は色を変えてあります。
ザク本体をサンディブラウン、増加装甲部をダークグリーン2に。ダークグレーの部分は未塗装。
モチーフ・・・というかイメージはデザートザク。


P1040814.jpg
バストアップ。ここまで寄るとアラが目立つ目立つ。
上手い人が作るとこのくらいでも分からないよなぁ・・・。
あ、元々アンテナは付いてませんよ。僕は好みで付けましたが。
ザクF2とランナーが共通なんで、アンテナなし&アップリケアーマーとも差し替え可能です。

ちなみにモノアイは敢えてシールのまま。
べ、別にHアイズが見付からないとかじゃないんだからッ!///


P1040815.jpg
脚部は意外と動きます。
スカートの前部が開くようになっていて、可動範囲を確保出来るようになってるんですね。
アンテナを付けないのは甘かったが、ここは考えたなたっつん。


P1040816.jpg
右腕のミサイルポッド。
通常のザクでは脚部に付いていたものですね。
なんでもガンプラバトルでは自身の得意とする距離に敵を追い込むための装備だとか。
ちなみに弾頭部はシルバー→マルーンです。
もっと派手な赤にしたかったけど、手元に塗料がなかったんで・・・。


P1040817.jpg
左腕のボルテックマシンガンZは、ザクマシンガンを固定武装としたもの。
腕部に固定する事で、他の武器を手に持つ事が可能になってます。

しかし凄いネーミングだなたっつん。


P1040823.jpg
P1040824.jpg
画像上は普通のヒートホーク。
下がスーパーカスタムハンド・グレネード。
劇中ではどっちも装備してないっぽいです。


P1040819.jpg
後ろから。大型化したバックパックとサブアームが装備されています。
重量の増えた機体を強引に動かすぜ、という雰囲気がプンプン漂うデカバーニア。こういうどっかボンボン的な発想大好き。
小学生の頃はボンボン派だったんだぜ。プラモウォーズ直撃世代だぜ。

ま、僕がたっつんならGNドライヴ付けたけどねー(おい
技術が伴わないので無理ですけども・・・。


P1040820.jpg
フル装備。
90mmマシンガン&ザクマシンガンは通常のモノと同形ですが、どちらもスーパーカスタム仕様みたい。
一体どこがスーパーカスタム仕様なんだろう?
プラモウォーズだと刀身にメタルカラー塗って硬度アップとか、銃口を開口して威力アップとかあったけど。

そして中央の長いのが本機のメイン武装、デッドエンドG(ジャイアント)ヒート・ホーク。
通常のヒートホークよりも大型で、リーチが長いのが利点。


P1040822.jpg
サブアームに懸架されている武装は勿論手に持たせる事が可能。
ハンドパーツはコトブキヤのカスタムハンドに変えてあるので、ちょっと持たせにくいですが。
キットのハンドパーツならしっかり保持してくれるはずですね。
手を取り替えたお陰でヒートホークも持てなくなっちゃったし。ちょっとアホな事したなと思ってます・・・。


といったところでしょうか。
プラモで戦うという設定はプラモ狂四郎やプラモウォーズでありましたが、そうした作品がまさかアニメになろうとは・・・。
ビギニングガンダムみたいなオリジナル機体は別としても、複数買いでファンネル可動のHi-νやこのザクなど、
なんとなくボンボン的で面白い。
このザクは、結局パテが剥がれて負けてしまったようですが、そういう敗因もプラモならではって感じですねぇ。

ちなみに今回、買ってきてからすぐ塗装・組み立てをやってしまってます。
なんか自分でも驚くくらいモチベーション上がっててですね・・・。
何故この高いモチベーションを常に維持出来ないのかと。

で、先にも述べたスーパーカスタムザクコンペ。
もう1人の参加者は僕の知人なのですが、彼も塗装を終えたそうです。
あるマンガに登場したザクをモチーフに塗装していて、一応画像ももらってます。
とはいえ、まだ暫定的な状態なので、後ほど彼に持ってきてもらって撮影を行った上で掲載しますよ。
お互いオリジナルカラーで塗ってますが、まぁその人の好きなように作れば良いんじゃないかなと。
他にも誰か参加してくれないかなー。

以上、スーパーカスタムザクでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://abandonment5952.blog77.fc2.com/tb.php/613-63f1021d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ガンプラをパチってはブンドドを繰り返す日々が続いています。 とりあえずユニコーン系統のHGUC欲しいよう。 さ、今日は赤帽子さん主催の「スーパーカスタムザクコンペ」に参加させていただきます。 詳しく...
2010/12/21(火) 01:34:15 | ライデンの車窓から