面白ければそれでいい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも。照明を発見しまして、やっと玩具エントリ更新再開出来るようになりました。

というワケで、復帰1発目はその筋では話題の(?)ガンボールからギガメガンを紹介します。
発売が95年だから16年も前の玩具になるのか・・・
P1050638.jpg


P1050643.jpg
P1050644.jpg
前後の全体像。
球体のボディに頭部と手足が付いたデザインしてますね。
緑のメッキが綺麗ですが、最初の画像をご覧頂ければ分かる通り、かなり劣化してます。
何せ当時品なので・・・。

このボディ部の球体は、メッキが施されたプラ製で中に金属が入っているそうです。
触った感じはズシッと重くて金属っぽいんですけどね。
偏芯球であるため、転がすとフラフラと曲がりながら転がります。

手足の接続はマグネモを思わせる磁石ですが、今で言うネオジム磁石ではないため保持力はイマイチ。
頭部も左右のリング状の部分で挟み込むだけなので、しっかり固定されません。
下手に頭部をつまんで持ち上げようものなら、あっけなく自壊してしまいます。

あと、球体には本来キャラごとにマークが付いていたのですが、すっかりハゲて落ちてます。
なんかアルファベットのMみたいなマークだったはず。


P1050638c.jpg
P1050637.jpg
P1050639.jpg
モチーフがコンピューターですので、各部に基盤やキーボードのキーを模したデザインがあしらわれています。



P1050645.jpg
顔アップ。
なんかボンヤリしたような目ですが・・・。
はいそこ、ガチャピンって言わない!


P1050640.jpg
各部を組み替えてビークルモード。
ビークルっていうか、うん、まぁ・・・ね? ガンダムのサブフライトシステムみたい。
頭頂部の磁石で他のガンボールを乗せられますが、僕はこれ以外は未所持なので。
マグネフォースとか乗せてみれば良かったんですが、地震の影響により現在行方不明です。
ちなみに球体はまんま余剰(爆)


P1050641.jpg
とりあえずフィリップくんでゲットライド!
ポーズに気合が入っていないのは、上手く乗せられなかったから。
だってギガメガンの方があちこちポロりまくるモンで・・・。


P1050642.jpg
ミクロマンと並べてみるとこのくらいのサイズなので、一緒に遊ぶにはいいのかも知れません。



さて、如何でしたでしょうか。
ダイノゾーンと並んで、バンダイ(というかプレックス?)は何がやりたかったのかと思わずにはいられない
このガンボール。
当時コレの他に4種発売されておりまして、基本構造こそ同じであるものの、文房具や工具がモチーフになった
キャラクターが登場してました。
本当はもう1つ企画されていたようですが、そちらは未発売。デザインはカッコイイんだけどなぁ・・・。
調べてみたら定価が1600円だったそうで、モノの割に高価だったのも災いしたのかなと。
なんでも球体部分の製造工程が結構手間だったらしいですよ。

なお続編のシリーズで『マグマル』というのもいくつか発売されていたはずですが、いつの間にか立ち消えに。
個人的には嫌いではないんですがね。

玩具としては、先にも述べた通りマグネモに似たシステムになっています。
ところが保持力が弱いのでポロるポロる・・・。
元々可動云々という玩具ではありませんが、肘を動かそうとすると肩ごと外れ、頭をつまめばクタッと倒れ、
もうちょっと何とかならなかったのかな、と思わずにはいられないです。
今では様々な形状・サイズのネオジム磁石が市販されてますので、それに交換してやれば保持力は上がるのかなと。

以上、なんだか惜しい気がしてならないギガメガンでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。

これ元祖SDが終わりそうな時期に出てた奴でしたね。
このシリーズデザインが何気に愛嬌あって好きですが、肝心の製品は扱いづらいのか・・・
マグネモと言うとミクロマンのパクリになるのか?

ちなみに私はファミコンのロボットを思い出してしまいました。

>ダイノゾーンと並んで、バンダイ(というかプレックス?)は何がやりたかったのかと思わずにはいられない
メダルマスターもいい例でしたね。忍者シリーズは好きだったのですが
2011/05/06(金) 19:58 | URL | ヌエベ #-[ 編集]
ふおおおぉ!
これ昔持っていましたよ!
ガンボールというシリーズだったのですね!
懐かしいものを思い出したと同時に、謎が解決して良かったです!
2011/05/06(金) 21:03 | URL | アンラ=マンユ #-[ 編集]
どうもご無沙汰しております。

>元祖SDが終わりそうな時期に出てた奴でしたね

そうですね。確か95年はまだ展開していましたが、ボチボチ終わりに差し掛かったところだったかと。

>マグネモと言うとミクロマンのパクリになるのか?

手足が磁石でくっ付いている辺り、マグネモに似たシステムではありますな。
ぶっちゃけあっちの方がカチッとくっ付いて遊びやすいんですがー。

>ファミコンのロボット

似たようなのが出てくるゲームありましたね。
タイトル覚えてませんが、キャラはなんとなく覚えてます。
2011/05/07(土) 22:29 | URL | 赤帽子 #hxjklqKc[ 編集]
>これ昔持っていましたよ!

これお持ちでしたか!
結構微妙なシリーズだと思うんですが、ダイノゾーン共々児童誌で取り上げられていた事が
あったような・・・。
僕もそれで買ってもらったんですが、当時は結構気に入って遊んでましたね。

>謎が解決して良かったです!

おお、謎が解けましたか。
お役に立てたようで何よりであります。
2011/05/07(土) 22:32 | URL | 赤帽子 #hxjklqKc[ 編集]
おー、ガンボール!
マグネフォースの相方に良いかと買ってみたら驚愕の保持力にゲンナリした覚えが。これに比べたらマグネフォースの磁力強いような錯覚起こしちゃいますよね(笑)。説明書にある変な組み換え例なんて、作っても動かせないレベルですよね。デザインは結構良いんですけど。
2011/07/19(火) 15:13 | URL | misodrill #-[ 編集]
>驚愕の保持力にゲンナリした覚えが

発売当時買って、久々に発掘したんで動かしてみたんですが、「保持力ガタ落ちしたのか!」などとワケ分からないことを
考えるくらいには弱かったですよね。
それを考えるとマグパのロボットマンやGアクロイヤーの保持力はかなりのものっスな。

>デザインは結構良いんですけど

当時この目新しいデザインに惹かれて買ったんですよね。
キャラごとにそれぞれの意匠を上手く取り入れてあって。
ギガメガンはサイバーチックなデザインが好きなのです。
保持力だけが惜しいこの玩具・・・。
2011/07/20(水) 23:10 | URL | 赤帽子 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://abandonment5952.blog77.fc2.com/tb.php/636-40bcf476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック