面白ければそれでいい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP0424.jpg

オリジナルミクロの製作者が考える事、それは・・・
どれほどメッキに近い質感で頭部を塗装出来るか。
今回は実験です。禁断の行為(?)もしてます。
反面教師としてご覧下さい(笑)。
IMGP0425.jpg

我が家のアレン、よりにもよって肩が破損していました。
頭部のみ上手い事使ってやろうと、クリアグリーンの表面をシンナーで落としたところ、
下地のメッキまでハゲました。こすりすぎには注意しましょう。
仕方がないのでメタルカラーで塗装。
最初はダークアイアンで塗ったのですが、シルバーにしたかったため一度落として
再度クロームシルバーで塗装。そして禁断の行為。
ラッカー系のトップコート(しかも半ツヤ)でコーティングしました。
筆ムラがある上に塗料がにじみ、妙な事に。
各ホビー誌でも「トップコートを吹くと金属の質感がスポイルされる」とあったわけですが、
止めろと言われるとやりたくなる。パンドラの箱を開けたわけです。


IMGP0426.jpg

こちらが通常のアレン(2つある)。
メッキと同等の塗装は無理です。


今回メタリック塗装に挑戦したわけですが、メタルカラーの上にクリアカラーを塗って
表現しようとすると、上手く行きません。
僕は筆塗りで試したのですが、下地のメタルカラーが落ちます。エアブラシなら何とかなるかも分かりませんが。
「最初からメタルカラーと混ぜりゃいいじゃん」と思ったそこのあなた!
混ぜるとクリア塗料がダマになります。

メタルカラーは磨いて金属の質感を出す塗料ですが、粒子が沈殿するので使用前はよくかき混ぜましょう。
また、カラーによっては筆ムラが目立たないものがあります。
ダークアイアンがそうですが。

それにしても、アレンヘッドいいなぁ・・・。
あと2つくらい買っとこうかな。
1つは銀メッキヘッド。
もう1つはメッキを落としてから塗装してマシンフォースのボディに乗せよう。
で、ライトセーバーを持たせてイヴォルバーごっこしよう(マテ)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
メタルカラー系は基本的に塗った後
触る事が出来ないんですよね。
クリアコートも出来ませんし・・・。

あとメッキの質感が出せる塗料は各社から発売されてますが、
どれも塗膜が弱くて塗装後に触れる事ができず
クリアコートも不可能(曇ってしまう)なのでポーズを付けて遊ぶ
ミクロマンには残念ながら向いていない気がします。
2007/03/22(木) 18:46 | URL | いいんちょ@ #SHLDkvn6[ 編集]
●いいんちょ@様

メタルカラーは指で触るとそこがハゲますからねぇ。
今回は敢えてクリアコートをやってみたのですが・・・いやはや。

>メッキの質感が出せる塗料

これは僕も少し調べましたが、高いという理由で止めました(笑)。
Mr.カラーと同じくらいの値段なら間違いなく今回使ったと思います(ダメじゃん)。
2007/03/22(木) 20:53 | URL | 赤帽子 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://abandonment5952.blog77.fc2.com/tb.php/98-7bddbc24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック